トップページ
社長挨拶
会社概要
わが社のサービス
太陽光発電が必要なわけ
太陽光発電の仕組み
太陽光発電はこんなに良い
製品紹介
オール電化のメリット
よくある質問
わが社の取り組み
インフォメーション
お客様の声
スタッフの紹介
社内通信
リンク集
求人案内
総合窓口
よくある質問
Q1: ソーラー発電とソーラー温水器とどう違うの?
A1: 太陽エネルギーで水を温め、お湯を作るのが「ソーラー温水器」太陽エネルギーで電気を作るのが「ソーラー発電」です。「ソーラー温水器」は太陽熱、「ソーラー発電」は太陽の光を使います。
Q2: 雪が降っても発電しますか?
A2: 太陽電池モジュール全面に雪が積もり光が遮られると発電しません。しかし、太陽電池モジュールに少しでも光が射せば、雪は解けやすくなり、発電もしやすくなります。
Q3: 一般家庭(夫婦子供2人)で、どのくらいの容量が必要ですか?
A3: 家庭で使用する電気の量は、生活形態等によって大きく異なるため家族構成では判断できませんが、一般家庭の全国平均電気使用量は年間4,490kWh(住環境計画研究所編「家庭用エネルギーハンドブック’99」(1999年発行)より)という統計値もあり、この場合は、設置場所等の条件にもよりますが、4kW程度の太陽電池を設置することで、使用電気量をほぼまかなうことができると考えられます。
Q4: 光を電気に変えたとき、保存したりすることはできないのですか?
A4: 太陽電池は光があたっている時にのみ発電を行い、太陽電池自体に蓄電能力はありません。ただし、システムとして蓄電ユニットを別途付加することによって電気を蓄えることはできます。
Q5: 系統連系とは何ですか?
A5: 一般に電力会社の配電線網のことを系統と言います。その系統に発電設備などをつなぐことを系統連系といいます。ソーラー発電システムの場合、パワーコンディショナの出力電力が家庭内の住宅用分電盤に接続されます。それにより家庭内の負荷はもちろん、電力会社の配電線網につながることになりますので系統連系と呼んでいます。ソーラー発電システムで発電した電力は、住宅用分電盤を経由してまず家庭内で使われます発電電力が家庭内での使用電力より多い場合は、系統側に電力が送られ、電力会社はその電力を買い取る制度になっています。また、発電電力が使用電力より少なければ、足らない分を電力会社から購入することとなります。
Q6: 運転操作は難しいのでは?
A6: 設置していまえば、日常の操作は不要で全自動運転致します。 長期の不在でも、止める必要はありません。余剰電力は自動的に電力会社に売電します。
Q7: 曇りや雨の日でも発電するのですか?
A7: 発電電力は入射する光エネルギーに比例します。ですから、雨の日であっても日射があれば発電します。また、当社のシステムの様に結晶系太陽電池モジュールの場合は、気温が低い程発電効率は高くなります。
Q8: 掃除はしなくてよいのですか?
A8: 太陽電池モジュール表面ガラスのほこりなどの汚れは、雨によって自然に流れるため、洗い流されるので掃除の必要はありません。(※1)
発電電力への影響も、数%程度しか低下しないと予測されます。当社のソーラー発電システムの年間予測発電電力量のシュミレーション値は、あらかじめガラス表面の汚れなども考慮して算出しております。(※2)
※1: 鳥の糞や火山灰、鉄道沿いの錆などは掃除が必要となります。
※2: 汚れがひどい環境(交通量の多い道路の近くや工場周辺等大きな煙突の近く)の場合を除きます。
Q9: 商品寿命を教えてください。
A9: 京セラの製品の設計寿命(※)は、太陽電池モジュールが20年、パワーコンディショナなどの周辺機器が15年です。
※1: 設計寿命の年数は、製品やシステムの保証期間とは異なります。
Q10: ソーラー発電システムは、製造時に使われる電気を何年くらいで発電できるのですか?
A10: ソーラー発電を評価する一つの尺度としてエネルギーペイバックタイム(EPT)というものがあります。これは、ソーラー発電システムの生産時に必要とするエネルギー量をそのシステムが発電するエネルギーによって何年間で回収できるかを数値で示したものです。京セラの製造している多結晶シリコン太陽電池の場合、太陽電池の生産規模にもよりますが、年間100MWの生産を行う場合、EPTは1.5年との試算がなされています(「太陽光発電評価の調査研究」平成8年度、NEDO技術開発機構委託業務(太陽光発電技術研究組合受託)成果報告書による)。また、今後、生産規模の拡大及び発電性能向上が進んだ場合には、さらにEPTは短くなるものと予想されています。
 
Copyright (C) Daishin Co.,Ltd. All Rights Reserved. Produced by (C) K-KPLUS